保活で疲れてしまった…

投稿者:

お勤め復帰したいと思っているママが始めなければならないのが保活です

しかしながら、待機児童が沢山と言われている今日、保育園を見つけるのもすごく大変です。

今は「保活」といわれる時代です。

保活によって疲れたり、どうしようと焦りばっかりがつのるママも沢山でしょう。

この度は、保活のどういうところに疲れているのかをご案内します。

保活の大変さは、ありのままにに経験した人でないと分かりません

「園見学に頑張っていってるけど、加点してくれるわけじゃないし、私立保育園のケースは、来年四月の入園枠は今年の5月に埋まりました~保活が遅すぎた!しかしながら疲れる!!」「お勤めに保活にもう疲れた~」「疲れすぎる!保活で苦しむのは実に嫌だ~解放されたい!ネガティブになる~考えすぎて涙が出る」「実にここまでして保育園に入れなきゃいけないのかな~いれなくてもいいのに…保活に必死になってしまい頑張る理由を見無くしてしまう…お勤めをやめた方が楽かも…」「認可を諦めて認可外にしようかな~」「保活は疲れる!何が疲れるって、一点でも高くポイントとる為に神経削って交渉して、まじめに働いて、でも結局、正直者は馬鹿をみて、この保育園入所調整ポイント制度がひどすぎて精神的に疲労困憊」等、保活によって大変なおもいをしているママはとても沢山やうです

保活によって不安が増し、ノイローゼになりそうだと言う声をいっぱい聴きました。

保活で自分が疲れ切断してしまわないように、近所の協力を得たり、アレンジもたいせつになってきますね。

保活での園見学のメリット

大手の幼児教育専門業者の調査によると、近頃、保活を経験した8割のママがありのままにに園へ足を運び見学をしたやうです。

各ご家族の状況を点数化して、自治体が入園者を決定する認可保育園のケース、園見学の有無によって入園が有利、不利になるこというのはありません。

しかしながら、多くのママが忙しい合間を縫って園見学をしています。

保活への姿勢がうかがえます。

(1)園見学に行くことで園生活を想像出来る小さなこども連れてや妊娠中で身重なときに、わざわざ園見学に行くのは確かに大変です。

しかしながら、園見学に行くことには大きなメリットがあります。

それは、ママが「見学を通して園を体感出来る」と言うことです。

ホームページや素材だけでは分からないありのままにの保育の様子や、ママが園に求める要素と園のサービスが一致するのか等を総合的に判断することが出来るのが園見学です。

雰囲気を感じたり質問したり、ありのままにに足を運ぶことで日々の送迎の想像も膨らみます。

気になるところは計画的に足を運んでみるといいかも知れません。

(2)園見学は余裕をもって計画しましょう保育園の入園は、本質的には年中申し込むことが出来ます。

園見学もいつしなければならないといった決まりはありません。

10~12月ごろの一斉入所を狙うのであるのなら夏から初秋頃までには第一希望の園だけでも見学しておくのがおススメです。

余裕をもって計画的に、園見学も保活スケジュールに投入するようにしたケースいいですね。

園に足を運ぶことで園の特徴を見れるとおもいます。

我が子を心置きなく預けることが出来るかをちゃんと見るのもこの機会だとおもいます。