保活で大変だったこと

投稿者:

保活は、保育園が決まらないと言う収穫だけでなく、保活そのものの過程も大変だと言われます。

あとあと保活を始める人にとって憂鬱になるかも知れませんが、保活は何が大変なのかと言うこともあらかじめ会得しておいた方がいいとおもいます。

この度は、保活経験者の意見をもとに保活の大変だったことをご案内します。

保活で大変だったことの一つに、「情報収集」があります。

具体的にはどう大変だったのでしょうか。

アナログでバラバラな情報収集経験者の方からは、「情報がまとまっておらず、毎年変わることも沢山」「電話でしか問い合わせが出来ないが、ちびっこがちっちゃいため電話をおこなう余裕がない」「張り紙で情報が公開される園もあったりして情報が集めづらい」等が上がっています。

保育園は、就職活動みたいに「エントリー」を一括で請け負うサービスがありません。

いつから見学出来るのか、いつが申込期間なのかといった情報はバラバラで個別に情報収集する必要があります。

情報収集の手段も、ホームページを整備している園もあれば、直接電話での問い合わせや、張り紙を見に出向かなければいけない園もあります

いつ情報が公開されるのかもまちまちですので、まずはこうした情報収集の時点から大変なおもいをされる方も沢山やうです。

出産後や兄弟がいるケースなどの保活はとても大変になります。

情報収集は保育園を決めるうえでもとても重要になってきます。

色んな情報を総合してちびっこに合った保育園が見つかることが一番ですね。

保活って大変!!

この度は保活が大変だったと言う経験者の意見をご案内します。

保活では園を見学して、どんな活動をしているのか、園児はどんなことしているのか、先生方の雰囲気は?等色んなことを見れるチャンスです。

しかしながら、ここでも大変な点が…それは、「つながらない見学予約」です。

経験者の方は、「希望者殺到で予約の電話がつながらない」「保育園の電話回線が混雑の為、NTTの児童アナウンスが流れるほどだった」等、電話すらつながらないといった状況もあるやうです。

見学や申し込みの為に、電話による問い合わせが必要な保育園は多くあります。

でも、電話1本でスムーズに申し込身が出来ると感じたら大間ちがいです。

多くの園は保育園の固定電話を使い、一定グレード業務で忙しいなか殺到する電話に対応しなければならないので、まず、電話自体がたいへんつながりずらい事態が多々生じています。

電話受付の開始時間が決まっている園のケース、開始時間になったとたんに電話が集中し、1時間電話がつながらないこともよくあります。

「産前産後のからだや赤ちゃんに負担なお出掛け」です、。

保育園のなかには、見学しないと申し込みが出来ない園もあります

先着順で前年4月から5月と言う早い時期から見学を実行している園もあります

この為、産前ならお勤めの調整が必要だったり、大きな腹部で保育園の事をしなくてはならなくなります。

経験者からは「見学を妊娠中に始めると、腹部が重くてお出掛けだけでも大変!」「産休入りしてから、臨月前後の大きな腹部ではしごして見学した」「7月の時点で見学を締め切られていた」等が上がりました。

思っていた以上に保活が大変だと言うことが分かります。

経験者の知恵をもとに…

保活は大変なことが沢山ですが、問題ながらいろいろアレンジして保活をした経験者のアイディアや対応策を知ることで、こうしてみたらいいんだと保活を前向きに頑張れるかも知れません。

経験者が言っているから、「これをやれば絶対に保育園に投入する!!」っと一概に言える物ではありませんが、経験者の経験を参照にするこというのは出来るとおもいます。

まず、冷静に対処することをアドバイスする経験者もいました。

「精神的に落ち着かないので、入れなったら手法がないと割り切断するようにして、精神の安定を確保した」「おもいつめずにやるのが一番だと思った」「お勤めと一緒で、情報を的確に冷静に読み取って行動すべきです。

愚痴を言ったりしても何も変わらない」等、大変なこというのは確かに沢山ですが、なかなか決まらない実情に加え、不確かな情報や噂によって不安がいっそうふくらむ面もあるかとおもいますが、そういったん時こそ冷静になるのが一番なのかも知れません

中には、「見学等に行く先々で会う方や、近所でともに保活する仲間ができて親子ともどもいいお友達になった」「さまざまな保育施設を見学することによって、子育てのアイディアがうまれた」等、保活を通して得たものがあると言う方もいました、。

感じに余裕がある時は、保育士やほかの親の方等との交流を図ってみるのもいいかも知れませんね。

1人で一生懸命なってはなく、たまには息抜きもしながら保活をしていくことがたいせつだと言うことがわかりました。