赤ちゃんには電気代のかからないゆたんぽ

投稿者:

以後出産を迎えると言う方や、今年は赤ちゃんとともに冬季を乗り切断した場合言うごご家族も沢山でしょう

しかしながら、赤ちゃんがいるといつも通りに暖房器具を使えなかったりもするでしょう。

いつもは石油ファンヒーターを主に使用していると言ううちも沢山とおもいますが、石油ファンヒーターは吹き出し口から熱い熱気がでますので、赤ちゃんが触れないように注意が必要です。

もし石油ファンヒーターを使用した場合言うお宅は、赤ちゃんが絶対に触らないようにガードをつけるなりして、赤ちゃんがやけどをしなようにアレンジして使わなくてはいけません。

石油ファンヒーターは締め除去した部屋で使用した場合一酸化炭素中毒になってしまう恐れがありますので、一時間に一度は換気をしたりと注意も必要です、。

さて、案外忘れていがちな暖房器具に、湯たんぽがあります。

昔はよくちっちゃい頃お母さんが湯たんぽをおぜん立てしてくれたなんてお宅も沢山かも知れません。

寝るときに足が冷えてしまうので、湯たんぽをして寝る・・幸せなテンションになれたのをおもい出します。

湯たんぽは昔ながらのステンレスのスタイルに温かいお湯を投入して使用するものと、ジェル状の湯たんぽで使用する前にレンジで数分チンして使用するものと、湯たんぽといっても多様なスタイルがあるかとおもいます。

ご自分に存在した湯たんぽを選定して見るのもイイでしょうね。

しかしながら、湯たんぽといえども扱い方によっては低温やけどを行う恐れもありますので、特に赤ちゃんに使用する際には注意して使用するようにしたいものですね。

赤ちゃんがいる家庭での暖房器具の使い方

今年は赤ちゃんとともに冬季を乗り越えなくてはならないと言うごご家族もあるでしょう。

ですが、赤ちゃんがいるといつも通りの生活を送ればいい・・と言うわけでもないんです。

寝ているしかない赤ちゃんでも、いつも通りに暖房を使えば乾燥の要因になったりしますし、ハイハイを行う赤ちゃんなんかは好奇心旺盛ですので、動くもの音の出るものに触りたがります。

そもそも赤ちゃんにとって暖房と言うのは必要ですのでしょうか。

赤ちゃんは大人と比べると平熱が高いので、着せる服は大人と比べると一枚少なめにと言われますが、赤ちゃんは自分自身で体温を調節するのがまだ不得意です。

ですので、大人が赤ちゃんにとって適度な温度を保ってあげなければなりません。

病院で赤ちゃんを産むと、退院するまで新生児室にいることになるとおもいますが、その新生児室の温度は26度くらいになっています。

看護師さんからも退院してから、自宅でも26度くらいを保つようにと呼ばれるはずです。

と言うことで、26度を保造らいの温度を設定しなければならないのですがエアコンを使用するにしても石油ファンヒーターを使用するにしても、熱くなりすぎないように、また空気も乾燥しないように注意が必要になってきます。

さてに、石油ファンヒーターを使用する際には吹き出し口に赤ちゃんが触れぬようなんらかの対応策をしなければなりません。

暖房もつけているのに赤ちゃんに厚着をさせると大人は適温だと感じ取っても、赤ちゃんにとっては暑く感じ取っているかも知れません。

赤ちゃんは非常に汗っかきだと言うことも忘れずに着せる服にも注意が必要です。

赤ちゃんにとって安全な暖房の条件とは!?

今年は赤ちゃんとともに冬季を過ごすと言うごご家族の方は、どんな手順で暖をとろうか悩んでいるかも知れません。

いつも通りの暖房器具をいつも通りに使えばいいと言うわけではありませんね。

いつも通りの暖房器具を使用するにしても注意しながら使わなければなりません。

新しく赤ちゃんにとって安全な暖房器具を買うにしても、どんなシステムがついているのかよく把握してからオーダーする必要があるかとおもいます、。

そこで、赤ちゃんがいるご家族にとって安全な暖房器具の要素というのは何があるんでしょうか。

まずは、ハイハイを行う好奇心旺盛な赤ちゃんには、手で触ってしまってもやけどをしないもの。

そして、もし不意に倒れてしまったとしても、電源がOFFになるようなシステムがついているスタイルで火事にはならないもの。

新しく赤ちゃんにとって安全な暖房器具を買おうとしているごご家族の方は、こんな注意が必要です。

まずは、その電化生産品に安全なシステムがついているか。

絶対的に対していてほしいシステム「チャイルドロック」。

そして、当然転倒したら電源がOFFになると言うシステム。

ファンヒーター系ではなくて、エアコンのオーダーを検討していると言うごご家族の方は、加湿システム付きのエアコンをオーダーした場合良いでしょう。

エアコンは、空気を乾燥させてしまいますので、加湿も行なえるシステムがついていることが望ましいです。

加湿システムがついているエアコンはお価値も跳ね上がりますが、加湿器を同じ時に買ったとおもえば電気代は一つですみますので、加湿システム付きのエアコンを買った方がお得かも知れません。