赤ちゃんがいる家庭にオススメ!オイルヒーター

投稿者:

冬季も近づいている今日この頃、今年はどんな器具で暖をとろうかと悩んでいるご家族も沢山はず

しかも今年は好奇心旺盛の赤ちゃんもいるので安全に使える器具が望ましいなんて方もいるでしょう

赤ちゃんがいても安心安全に使える暖房器具っていったい何があるのでしょうか。

エアコンも当然お奨めですが、エアコンだと頭が痛くなる・・・なんてことを訴えたりして案外エアコンが不得意だと言う人も沢山でしょう。

そういったママが赤ちゃんと心置きなく使える暖房器具に「オイルヒーター」があります。

オイルヒーターはキャスターもついているので携帯もすさまじく楽

昼間はリビングで使用して、就寝時には寝室に持って行って寝る前や起きた時に利用することも出来ます。

オイルヒーターの持つメリットはやっぱり温風が直接当たらないため、好奇心旺盛の赤ちゃんにも安心。

ただかなり重たいので、携帯に楽といっても階段を上がっての携帯には不向きです。

同じフロアーで携帯するには楽ですね。

そして重たいがゆえ、倒れる心配もないためその点は心置きなく使えます。

またデメリットとしては電気代がかなりかかることがデメリットですが、じんわりとした暖かさの為室温を一定保つことには優れいている暖房器具です。

うまく利用するお目当てでは、初めはエアコンで部屋を一気に暖め、そのごオイルヒーターに切り替えて利用した場合言う扱い方がお奨めです。

価値は10~13畳用で、およそ40,000円弱くらいです。

赤ちゃんには安全だけど少し物足りない暖房器具とは!?

近頃はすっかり昼間も寒いと言うくらいの気候になってきましたね。

朝晩は特に冷え込むので、そろそろ暖房器具を準備しなくてはならないシーズンになってまいりました

しかしながら、今年は赤ちゃんとともに冬季を乗り切らなくてはならない・・と言うご家族もきっとあるでしょう。

そういったごご家族では、いつも通りの暖房器具を使えばいい・・と言うわけではないですよね。

まだ寝ているしかない赤ちゃんだったらいいかも知れませんが、好奇心旺盛にハイハイしまくる赤ちゃんやもう赤ちゃんではないけれど、リスク物を子供の手の届く所に置いておけないと言うご家族もあるでしょう。

そういったごご家族に大大大活躍するのが遠赤外線のパネルヒーターです。

パネルヒーターご存じの通り正面がパネル式になっているので、やけどの心配がありません。

また石油ファンヒーターと違って石油を使用して温めるわけではないので、石油代もかかりません。

ファンヒーターは電気代+石油代がかかってしまいますよね。

電気代を考えると経費的にもパネルヒーターがお奨めだと言えやうです。

ただ、パネルヒーターはお部屋の空気を暖めると言うわけではなく、手元や足下を温めるので部屋全体が暖まると言うわけではないのです。

やはりその点を考えると石油ファンヒーターに比べると暖かさはだいぶ劣ってしまうのがデメリットです。

エアコンの設定温度を低めにしてエアコンでお部屋全体を温め、パネルヒーターをうまく併用しながら暖をとってみると言うのもお奨めの利用手順です。

赤ちゃんに安心の遠赤外線パネルヒーター

近頃では、実に多彩な暖房器具が出回っています。

皆さんはいつもどんな暖房器具で暖をとっていますか?新しい電化生産品にはあまり知識がないと言う方は、エアコンやストーブ、こたつ・・なんてものしか暖をとる手順をおもいつかなかったりするのかも知れません

さて、今年は赤ちゃんがいるので暖をとるにも悩んでしまう・・と言うお宅も沢山はず。

そういった赤ちゃんのいるごご家族では、いつも通りの暖房器具をノーマルに使えばいい・・と言うわけではないですよね。

今年は赤ちゃんがいるから新しく暖房器具を買おうと思っているごご家族も沢山でしょう。

そういった赤ちゃんのいるごご家族にお奨めしたいのが、遠赤外線のパネルヒーターです。

この品物は、赤ちゃんが暖房器具に触ってやけどをした場合言う心配がないのです。

ちょっと目を離しているすきに、リスクな行動をしてしまう赤ちゃん・・このパネルヒーターは、パネルの部位の幅が狭くしてあるので、赤ちゃんが指を突っ込んでしまうと言う恐れもないのです。

エアコンや石油ファンヒーターだと、直ぐにお部屋があたたまるのはいいけれど、暑くなりすぎるなんてことも結構あるのですが、パネルヒーターは部屋が暑くなりすぎないので、赤ちゃんが汗をかいて風邪をひいてしまうなんてこともないのです。

なんといっても、電気代が安いのがメリットです。

赤ちゃんがいるごご家族ですと、なにかと経費がかかりがちですので、せめて電気代だけでもおお安く使用してみると言うのも経費削減につながりますね!!