小さい子供や高齢者がいる家庭にオススメの暖房器具

投稿者:

寒くなってくると暖房器具を利用しようかと悩ん出来ますよね。

でも、うちにはちっちゃい子供がいるから安全に利用出来るスタイルの暖房器具がいいと言うご家族も沢山はず。

そういったごご家族にお奨めしたい暖房器具が「遠赤外線パネルヒーター」です。

耳にしたことがある方もいらっしゃるかも知れませんね。

こちらはその名の通り、パネル式のヒーターなんです。

ですので小さなお子さんがいるごご家族や高齢者がいるごご家族でも心置きなく使える暖房器具です。

遠赤外線で温めるため、安全で石油ストーブと違って空気も汚しません。

より一層、空気を乾燥させることもなく、音もすさまじく静か、より一層薄型ですのでスペースもとらないんです。

特に赤ちゃんがいるご家族では必ずついていてほしいシステム「チャイルドロック」や、傾き感知システムも当然ついていますので、安心安全にご利用頂けるのです。

そしてもう一つ嬉しいシステムが、電気代もエアコン等に比べるとすさまじくお得

二酸化炭素を排出しないため、環境要素にもすさまじく優しいのです。

うっかり、切り忘れたケースではのタイマーシステムもついているので、切り忘れて出かけてしまったケースでも安心です。

一つデメリットとしては、エアコン単体や石油ストーブ単体の利用と比べると暖かさがいま一つ物足りないため、エアコンの設定温度を低めにしてエアコンと併用して利用することをおススメします。

初めはエアコンをつけて部屋を部屋全体を暖め、暖まったらパネルヒーターを利用してより一層温かさをキープ。

そしてエアコンをとめて、パネルヒーターだけで温かさをキープします。

赤ちゃんにお勧めの暖房器具とは!?

赤ちゃんがいるので、暖房器具を使用するにも気をつけなければいけないと言うご家族も沢山はずです。

いつもはノーマルに使用していた石油ストーブも、いつも通りに利用出来ないと言うわけです。

もし石油ストーブを使用する際にも注意が必要です。

どんな注意が必要か、赤ちゃんが触らないようにガードをつけるなどの注意が必要。

締め除去した部屋で使用して、一酸化炭素中毒にならないように換気を十分に行なう必要がある。

消してあるときでも、赤ちゃんがボタンを押して勝手につけてしまわないようにチャイルドロックをかける必要がある。

等等、一つの暖房器具を使用するに当たっても、ちっちゃいお子様がいるごご家族ですと多彩な注意が必要になってきます。

と言うことで、安全に利用出来る暖房器具といったらやはりエアコンでしょう。

エアコンは赤ちゃんの手の届かない所に存在するので、触ってやけどする恐れがないと言うところが最大の持つメリットです。

より一層設定温度を低くすることによって電気代の倹約にもつながります。

気をつけなければならないこというのは、エアコンを利用することによって空気が乾燥すること。

空気が乾燥した場合ウイルスを発生しやすくなるので、咳がでたり風邪をひいたりしてしまいがちです。

エアコンを利用する際には、加湿器を併用したり、しめったタオルをかけておいたりと加湿を行うことも忘れずに利用したいものです。

頻繁に使用した場合フィルターも汚れますので、菌が発生しやすくなります、。

エアコンを毎日利用するケースは特に、逐一掃除をしておくこともたいせつです。

赤ちゃんにお勧めできない暖房器具は!?

小さなお子様がいるごご家族は暖房器具を使用するにも注意が必要になります。

常々は特に気にせずに利用していた暖房器具も、利用しない方がよかったり、利用するにあたっても注意して利用する必要があったりします。

と言うことで、赤ちゃんがいるごご家族ではあまりお奨め出来ない暖房器具はいったい何があるでしょうか。

まずは、石油ストーブ。

こちらは、吹き出し口から熱気がでてくることでやけどを行う恐れがあったり、締め除去した部屋で使用した場合一酸化炭素中毒になりますので、注意が必要。

あというのは、冬季場には欠かせないこたつ。

こちらも注意が必要な暖房器具の一つに数えられます

おもわずこたつで居眠り・・・なんてこともよくある話ですが、こたつで寝て起きた時にはすさまじくのどが渇いている経験ある方もきっといるはず。

やうです、おもわず居眠りしてしまいがちなこたつですが、体温を奪われるためのどが渇いてしまうので、脱水を誘発する見込みもかなり高いのです。

赤ちゃんとともに、フィーリングよくっておもわず居眠り・・・してしまうことのないように注意が必要です。

赤ちゃんは特に大人と比べると体温調節が不得意ですのです。

あというのは、電気カーペットも案外安全なようでリスクが潜んでいるものです。

おもわずこちらも居眠りをしてしまいがちですが、こたつ同様脱水は当然のこと、低温やけどを行う見込みがあります。

より一層清潔を心がけないとダニも発生しやすくなりますので、お肌のトラブルも起こってしまいがちです。