生まれたばかりの赤ちゃんの授乳にはハロゲンヒーター

投稿者:

段々と冬季を感じさせるシーズンになってきましたが、今年は赤ちゃんとともに冬季を乗り切断した場合言う方もいるでしょう。

中には、真冬季に出産を抑制しるいるので、どうしても暖房器具が必要だと言う方もいるでしょう。

特に生まれたばっかりの赤ちゃんは、2,3時間おきに授乳をしなければなりません。

生まれたばっかりの赤ちゃんは夜昼関係なくおなかがすくと泣きますので、夜間の授乳も自然。

そういった夜間の授乳にもってこいの暖房器具といったらハロゲンヒーターでしょう!赤ちゃんは夜中でもかまわずおなかがすくと泣くので、直ぐに暖をとり授乳を・・・としたいところですのですが、エアコンでは直ぐに暖をとれません。

石油ストーブも着火するまでに1分くらいかかります

より一層着火した場合きに、少々大きな音がしますのでパパが目覚めてしまいますよね。

赤ちゃんはちょっと待ったがききません。

直ぐにオッパイをほしがりますので、直ぐにオッパイをだして授乳をしたいのです。

電源を入れたら直ぐに暖をとれるハロゲンヒーターがすさまじくお奨め。

夜間の授乳といっても、電気を煌々とつけるのも気がひけますので、ハロゲンの暖かさと共にちょっとした電気替りにもなるのです。

ただ、気をつけなければならないのが、電気をつけないケースは、少々暗闇でハロゲンヒーターを使用するので、火事に気をつけなければなりません。

布団のすぐ近くで使ったり、マットレスのすぐ近くで使ったりした場合あやうく焦がしてしまったり・・・なんてことのないように、ハロゲンの近くにはものをおかない注意も必要です。

赤ちゃんにとって安全な暖房とは!?

シーズンはすっかりと秋を迎え、山々には綺麗な紅葉が目立つようになりました。

11月に入り、少しばかり昼間は暑いくらいの日もあれば日中も冬季みたいに寒い日もあります。

朝晩はすっかりと秋めいて冬季の到来を感じさせるシーズンになりましたね。

もう寒い冬季はすぐそこまで来ています。

なんと今年の冬季は極寒だと言う噂ですよ。

寒くなる前に暖房設備を整えておきたいものですね。

さて、冬季には欠かせない暖房器具ですが、みなさんはいつもどんな暖房器具で冬季を乗り切断していますか?うちはエアコンを年中つけていると言うところ、うちはこたつだけで凌いでいると言うところ、うちは電気ストーブだけで凌いでいると言うところ、等等ご家族によっていろいろだとおもいます。

安全な暖房器具だと判断がつく年齢なら問題ないですが、赤ちゃんのいるお宅は火の取り扱いに十分注意が必要です。

赤ちゃんがいるお宅にとって一番安全な暖房器具といったらやはり「エアコン」でしょう。

冬季に限らず暑い夏も赤ちゃんにとってはエアコンが一番安全です。

なぜかと言うと、赤ちゃんの手の届かない所に存在するからです。

夏の扇風機や、冬季の電気ストーブ、石油ストーブ、こたつ等は赤ちゃんの手の届く所におく器具ですので、使用するにあたっては十分注意しなければなりません。

赤ちゃんは生まれてからは、病院の新生児室にいることなってすが、新生児室は常に25度から26度くらいの温度を保っています。

そのくらいの温度が赤ちゃんにとって適温ですのです。

ですので、赤ちゃんがいるお宅で安全に暖房器具を使用するにはエアコンに限るかとおもいます。

赤ちゃんには加湿機能付きのエアコンを!

近頃は風も冬季の風になってきて、すぐそこまで冬季がやってきているのを感じます。

冬季は得意と言う方もいらっしゃるでしょうが、やっぱり冬季は暖をとって過ごしたいもの。

今年の冬季は赤ちゃんとともに乗り切断した場合言う方も多くいらっしゃるかとおもいますが、赤ちゃんがいるごご家族では特に注意して暖房器具を使わなくてはなりません。

赤ちゃんのいるごご家族でお奨めしたい暖房器具はエアコンとおもいつく方がいらっしゃるでしょう。

しかしながら、エアコンのデメリットは設定温度を上げると電気代がかかると言うことと、空気が乾燥した場合言うことでしょう。

以後エアコンをオーダーする予定と言う方は、お財布と相談して加湿システム付きのエアコンのオーダーも視程に投入した場合いいでしょう。

近頃は温かくしてくれるだけでなく、加湿もしてくれると言う優れたシステムがついているエアコンも数多くあります。

やはり加湿システムもついていると言うことで、お価値もそれなりにしますが、空気の乾燥を防げると言うことですのでそういったエアコンをオーダーする価値もあります

加湿システム付きのエアコンをオーダーするか、ノーマルに利用したら乾燥してしまうエアコンを利用するか。

ノーマルのエアコンを利用するケースには、加湿器を併用して使えばいいのかも知れませんが、どっちにしろ加湿器代とより一層加湿器を使用する電気代もかかってしまいます。

トータル的に考えたら、加湿システム付きのエアコンを買った方が電気代も削減出来ますのでこちらの方がお奨めと言えるかも知れません。