節約のための下処理

投稿者:

クッキングに利用する材料は、まとめ買いしておいた方が費用的にも倹約できてお得になります

まとめ買いしたものは、その日のうちに小分けをしたり下プロセシングをしたりして保全しておくことが必要となってきます。

きちんと下プロセシングをして保全することによって、楽に使えますし、倹約も出来ますし、早速にクッキングに活用できて楽です。

本質的な下プロセシングのやり方を紹介します。

下プロセシングも立派なクッキング料理法の一つだと考えてください。

「肉類」ですが、牛肉や豚肉に関連してはみそや焼き肉のたれ等につけて冷凍保全します。

量も1回のクッキング料理法に表れるくらいの量200gや300gごとに小分けして保全してください。

鶏肉に関連しては一口大きさにきってから揚げ用の下味をつけた有り様で冷凍保全しておくと早速に使えて楽です。

酒をふって電子レンジにかけると蒸し鶏なって、冷まして冷凍保全しておけば、棒棒鶏やサラダ等に使えます。

ひき肉に関連しても、1回量の200gや300gくらいに小分けして冷凍保全します。

薄くのばした有り様で冷凍した方が急いで解凍することが出来ます。

肉そぼろを作って冷凍保全しておくと、多彩なクッキングに活用できて楽です。

ハンバーグ等を作って冷凍しておくと、1品おかずに困った時にすぐ創ることが出来ますし、お弁当のおかずを創るとき等にも楽です。

肉そぼろは多様なクッキング料理法に活用出来る万能おかずです。

「魚類」ですが、魚の照り焼きなどのたれにつけた有り様で冷凍保全したケースいいです

鮭を焼くならば、一度にいっぱい焼いておいて余った分の鮭の身をほぐして冷凍しておけば、おにぎりの具やお茶漬けの具として活用出来ます

まとめて買入してまとめて焼いた方が費用も光熱費も手間もかからず倹約になります

1匹まるごと買う魚に関連しては、痛みが速いので内臓をとった有り様で冷凍保全したほうがいいです

いかも体の箇所を利用して足の箇所等が余ったケースではは冷凍しておけば、おおお好み焼や焼きそば等に使えて楽です

節約のための下処理2

倹約の為に欠かせない下プロセシングに対して、続いては「野菜」に対して紹介します。

野菜は買入してもなかなか一度に使いきれないケースではが殆んどです。

うまく保全して利用していくことで倹約にもつながりますし、ひと手間加えて冷凍保全しておくことでクッキング料理法の支援にもなります。

「ねぎ」が余ったケースではは、小口切り等にして除去した有り様で冷凍保全しておくと、薬味としてねぎを利用したいとき等に早速に取り出して使えるので大変楽です。

「きのこ」類が余ったケースではは、そのまま冷凍保全しておけば他のクッキング料理法で大大活躍することが出来ます。

余ったから捨てると言うのはもったいないですので、倹約にもなります

余りがちなしょうがやにんにく等に関連しては冷凍保全したケースきに皮をむいておくと言うことがポイントになります。

皮をむいておけば早速に冷凍庫から出してすりおろして利用することが出来ます

またにんにくのケースではは皮をむいてしょうゆに漬けておけば保全がききますし、炒めもの等にも早速に使えるので楽です。

パセリ等も買うと多すぎて一度にはなかなか使いきれません。

パセリのケースではは袋にいれてそのまま冷凍保全することで大丈夫です

凍った有り様のパセリを袋ごとぐちゃぐちゃに潰せばパセリの粉末を創ることが出来ます。

また野菜類の保全には、ラップを利用したケース比べると保全袋を使った方が2倍長持ちします。

青菜等に関連しては水分を含ませた紙に包んでから保全袋に投入したケースいいです。

野菜室で野菜の鮮度を保つ為には、畑に存在したのと同じ有り様にして保全することによってす。

つまり畑で縦に立った有り様のものは同じように根を下にして立った有り様で保全したケース長持ちするのです

「チーズ」等に関連しても大袋を買った方がお得ですので、まとめて買入して保全しておいた方が倹約になります。

冷凍保全しておいたチーズをとりだして早速にピザトースト等多くのクッキング料理法に活用することが出来ます。

「かまぼこ」や「ちくわ」などの練り物系に関連しても一口大きさに除去して冷凍保全しておけばお弁当等にも利用することが出来ます

「油揚げ」は油抜きしてから、大きい大きさやちっちゃい大きさ等使い易い大きさに除去して冷凍保全しておくと楽です。