丼ぶり

投稿者:

倹約クッキングといえば、容易でお安くて早いことが一番です。

容易に創ることが出来る倹約クッキングは、手間も時間も食費も倹約出来るのです。

倹約クッキング料理法をいくつか紹介します

まずは容易に作って食すことが出来るどんぶりのクッキング料理法を紹介します。

しかもどの丼ぶりも1人前100円以下と言う倹約クッキングです。

1つ目は「とろろ丼」です

調理時間たったの5分で完結します

1人分の材料は、山芋を適正量と卵黄を1個、のりを適正量、めんつゆを適正量、どんぶり1杯のごはんをおぜん立てします。

製作法は、山芋の皮をむきおろします。

だし汁をすりおろした山芋に少しばっかりずつ加えていきおお好みの固さになるまで投入して混ぜます。

次にめんつゆを投入して味を調えます。

どんぶりに入れたごはんにとろろをかけて、上に卵黄をのせて、付近にのりをかけて出来あがりです。

めんつゆによる味付けで少しばっかり濃いめにしておくと、卵黄とマッチして美味しくなります。

容易ですが絶品クッキングです

2つ目は「納豆しらす丼」です

調理時間はたったの3分で完結します

材料は2人分で納豆が2パック、しらすはおおお好みの分量、卵を2個、ねぎ2cm、どんぶり2杯のごはんをおぜん立てします。

1人分の材料費は70円です。

製作法は、納豆に付属しているしょうゆやからしを投入して混ぜ合わせます。

ねぎは小口切りにしておきます。

どんぶりに入れたごはんに納豆をのせて、ねぎをのせてしらすをのせて最後に卵をのせたら出来上がりです。

時間をかけずに栄養盛りだくさんの美味しいどんぶりが食すことが出来るクッキング料理法です。

より一層卵を卵黄だけにしたケース味がまろやかになって美味しいです。

丼ぶり2

倹約できて容易に創れて美味しいクッキング料理法の丼ぶりシリーズ。

3つ目は「ちくわたぬき丼」の紹介です。

調理時間は5分です。

1人分の材料費は70円とかなりの倹約クッキングです。

2人分の材料を紹介します。

ちくわを3本、天かすを大さじ6、ほうれんそうを2分の1株、卵を2個、ごはんを丼ぶりに2杯おぜん立てします。

合わせ調味料として、水を2分の1カップ、和風のだしの素を小さじ1、しょうゆを大さじ2、みりんを大さじ2合わせておきます。

ちくわたぬき丼のクッキング料理法です

まずちくわを斜め薄切りに除去して、ほうれんそうは3cmくらいに除去します。

卵は溶いておきます。

小さめの鍋に合わせ調味料を投入して煮立てます。

煮立ったら、ちくわとほうれんそうと天かすを投入して軽く煮ます。

そこへ溶き卵を投入してとじます。

ごはんの上にかけて出来上がりです。

時間がないとき早速に出来る容易丼ぶりです。

ほうれんそうではなくネギや三つ葉等を利用しても美味しくいただけます

天かすをいれるのがポイントです。

4つ目は「つくね丼」です

安い鶏ひき肉を利用してボリュームのある丼ぶりを創ることが出来ます。

倹約できて美味しい容易クッキングです。

調理時間は10分です。

1人分の材料費は80円です。

2人分の材料を紹介します。

鶏ひき肉を200g、玉ねぎを8分の1個、卵を2分の1個、ブロッコリーは適正量、ごはんを丼ぶりに2杯おぜん立てします

しょうゆ大さじ2、みりん大さじ2、砂糖と塩は少々、片栗粉は大さじ2分の1です。

つくね丼のクッキング料理法です。

ブロッコリーは小房ごとにわけて軽く塩ゆでしておきます。

1分くらいゆでたらざるにあげておきます。

玉ねぎはみじん切りにします。

ボウルに鶏ひき肉と玉ねぎと溶き卵、砂糖と塩、片栗粉を投入して手を利用してよく混ぜます。

フライパンに油を投入して熱してから、スプーンでさきほど混ぜた材料をフライパンに落として焼きます。

片面が2分から3分くらいで両面焼きます

火が通ったところで、しょうゆ大さじ2とみりん大さじ2をつくねにからめます

ごはんの上にブロッコリーとつくねをのせて、たれをかけて出来上がりです。

肉は食べ易いように小さめに焼くのがポイントです。

薄く形を整えた方が火の通りがよくなります。

丼ぶり3

5つ目の丼ぶりは「キャベツとひき肉を使ったマヨネーズ丼」です。

冷蔵庫にひき肉やこまぎれ肉等が残っていれば早速に創れる倹約クッキングです。

調理時間は10分です。

1人分の材料費は83円です。

2人分の材料を紹介します

キャベツが3分の1個、豚ひき肉が50g、玉ねぎ4分の1個、にんにく2分の1片、マヨネーズ大さじ1、塩少々、ごはんをどんぶりに2杯おぜん立てします。

クッキング料理法の紹介です。

キャベツを1cmくらいに、玉ねぎをくし型に、にんにくをみじん切りに除去します。

フライパンにマヨネーズを投入して熱してからにんにくを加えます。

マヨネーズの油がでたら、豚ひき肉を投入して肉がポロポロに細かくなるまで炒めます。

玉ねぎを投入してしんなりしたところへキャベツを投入して、塩をふりかけます。

ごはんの上にのせて出来上がりです。

ポイントはキャベツを炒め過ぎないことです。

6つ目の丼ぶりは「ホタテ丼」です。

おかずとして単品だとしてもおススメの倹約クッキングです。

ホタテが少しばっかり余ってしまったケースでは等に使える楽なクッキング料理法です。

調理時間は10分です。

1人分の材料費は85円です。

2人分の材料を紹介します。

ボイルホタテを8個から10個、ねぎ5cm、バター5g、しょうゆ小さじ1、のりが適正量、ごはんをどんぶりに2杯おぜん立てします。

クッキング料理法の紹介です。

ホタテに塩こしょうして下味をつけます。

ねぎを細切りにしてください。

フライパンに油を投入して熱して、ホタテを投入して炒めます。

ホタテに焼き色がついてきたら、ねぎとバターを投入して味をなじませます。

しょうゆを投入してサッと炒めます。

ごはんの上にのりを散らして、ホタテをのせて出来上がりです。

バターしょうゆ味がごはんに合って食欲をかきたててくれます。