みんなのきょうの料理

投稿者:

NHKテレビの「みんなのきょうのクッキング」の中だとしても倹約クッキング料理法を紹介しています。

例えばその名も「給料前どんぶり」。

給料日前の一番きつい時期もこのどんぶりクッキング料理法を知って入れば、凄く心強い倹約上手になれるとおもいます。

1人前の材料を紹介します

木綿豆腐を2分の1丁、揚げ玉を大さじ6、卵2個、どんぶりに温かいごはんを1杯おぜん立てします。

調味料として市販生産品の麺つゆを2分の1カップ、砂糖を小さじ1です。

製作法は、豆腐を8等分にします

お鍋のなかにお湯を沸かして豆腐をそこで茹でます。

豆腐が温まったらお鍋から引き出して湯切りします。

麺つゆと砂糖を混ぜ合わします。

卵は別途溶いておきます。

フライパンに揚げ玉を投入してから炒りします。

揚げ玉がからっとなったところで豆腐を投入して、麺つゆと砂糖の合わせたものを投入してさっと煮ます。

卵を回し投入しておおお好みの固さにまでなったら火を止めてどんぶりのごはんの上に盛りつけます。

凄く容易にできて材料費も安い倹約クッキング料理法です。

食感を楽しむことが出来る倹約のアイデアクッキングが「もやしのおやき」です

4人分の材料を紹介します。

もやし1袋、缶詰のさけ1缶をおぜん立てします。

調味料として卵1個、マヨネーズ大さじ2、塩を小さじ4分の1、こしょうは少々、小麦粉大さじ4。

ポン酢やケチャップはおおお好みでおぜん立てします。

製作法は、いっぱい水をはったボウルの中だとしてもやしを洗いざるにあげます

さけの缶詰は汁ごとボウルのなかに投入してほぐします。

そこに水気をカットしたもやしを投入して混ぜ合わせます。

あるくらい混ざったら全体に小麦粉大さじ4をまぶします。

そこへ卵とマヨネーズと塩とこしょうを投入して混ぜ合わせます。

フライパンに油を投入して熱してさきほど作ったものをスプーン等で適当な量すくってフライパンにのせます。

はしで上から軽く押すようにして形を整えてください。

中火の有り様で2分から3分焼いたら裏返して同様に2分から3分焼いて焼き色がつくのを待ちます。

焼けたらお皿に盛ってポン酢やケチャップをおおお好みでつけて食してください。

みんなのきょうの料理2

次は「もやしの中華丼」です。

NHKの「みんなのきょうのクッキング」のなかで倹約クッキング料理法として紹介されています。

もやしは比較的ロー費用で買入出来る材料の為、倹約クッキングでは欠かせない食材となっています。

材料は4人分で、もやし1袋、豚ひき肉を150g、ねぎを10cmくらい、にんにくを1かけ、豆板醤を大さじ2分の1。

粉ざんしょうを少々とサラダ油、片栗粉、ごま油もおぜん立てします。

合わせ調味料として、しょうゆを大さじ2と砂糖を大さじ2分の1とみそを大さじ1と酒を大さじ1混ぜ合わせておきます

もやしの中華丼の製作法は、まずもやしを洗いざる等で水気を切ります。

ねぎとにんにくをみじん切りにします。

フライパンにサラダ油を大さじ1投入して中火で熱します。

その中へにんにくと豚ひき肉を投入して、パラパラとなるまで炒めます。

次にもやしを投入してさっと炒めます。

フライパンのなかに豆板醤とさきほどの合わせ調味料を投入して混ぜ合わせます。

味が一通りなじんだところで、小さじ1の片栗粉を倍量の水で溶きフライパンに入れます。

全体を混ぜ合わしたら、ねぎを散らし、粉ざんしょうやごま等をふりかけてあというのはどんぶりのごはんの上に盛りつければ出来上がりです。

同様にもやしと肉を使った倹約クッキング料理法を紹介します。

「もやしの肉巻きソテー」です。

材料は4人分で、もやし1袋、豚バラ肉の薄切りを200g、青じそを16枚、檸檬(れもん)を適正量。

他にサラダ油、こしょうも使います、。

製作法は、もやしを水洗いして水気を切ります。

次に熱湯の中だとしてもやしを2分ほどゆでて再びざるにあげて水気を切ります。

豚肉を1枚ずつ丁寧に広げていき、全体量の4分の1くらいを並べます。

このとき肉を少しばっかりずつ重ねて並べるのがポイントです。

並べた肉の真ん中に青じそを4枚並べます。

そこに全体の4分の1の量のもやしをのせて手前から巻いていきます。

このとき軽く塩こしょうをしておきます。

同様にして残り3本もつくります。

フライパンに大さじ1のサラダ油を投入して熱し、肉を並べて全体的に焼き色がつくように少しばっかり転がしながら焼きます。

このとき初めに肉の巻き終わりをフライパンにあてるように下向きに置くと巻いた肉がはがれがたくなります。

全体的に焼き色がついたら、4つに除去してお皿に盛りつけて檸檬(れもん)を少しばっかり添えます。

みんなのきょうの料理3

ブランチにうってつけ、容易にキッシュが創れる倹約クッキング料理法を紹介します。

キッシュの生地の替りに麩を利用したケース言う倹約クッキングです。

材料は、ほうれんそう2把、ウィンナー4本、卵3個、牛乳が1と2分の1カップ、焼き麩が15g、ピザ用のチーズが40gです。

この料理法では、26cm*18cm*4cmの容器に収まる分量を利用しています

製作法は、まずほうれんそうをきれいに洗います。

3cmくらいに切り、熱湯に茎から順番に投入してゆでていきます。

さっと茹でたら早速にざるにあげて粗熱をとったあとに水気を絞っておきます。

ボウルに卵を投入して泡立てないようにほぐしておきます。

牛乳を少しばっかりずつ投入していき塩小さじ1とこしょうを少々投入して混ぜます。

そこに乾燥麩をしばらく浸します。

ウィンナーを2cmくらいに切ります

耐熱容器のなかにほうれんそうを敷いてそこにソーセージと麩をバランスよく並べます。

卵液を流し投入して上にチーズをのせます。

オーブンの天板に耐熱容器を置いて2cmほど天板にお湯を注ぎます。

180℃のオーブンで40分ほど湯せん焼きにします。

麩がキッシュの皮の替りなって、手間も省けて予算的にもお安くなる倹約クッキングとなってきます

容易に出来る倹約クッキング料理法次は「みそじゃがバター」です。

材料も凄くシンプルです

2人分で新じゃがいもの小大きさを5個から6個使います

あというのはみそとバターと黒こしょうを使います。

製作法は、新じゃがいもをたわしで洗い皮がついた有り様のまま鍋にいれます。

じゃがいもが隠れるくらいの水を注いで茹でます

竹串がすっと通るようならば、鍋の中の湯切りをします。

そこに手急いでバターとみそを大さじ1ずつ投入してふたをして鍋を上下左右にゆすり味をつけます。

最後に黒こしょうをふりかけて出来上がりです。

新じゃがいもの素材をよく活かした容易で美味しいクッキングです。