国際結婚と赤ちゃん

投稿者:

国際結婚をした夫婦の赤ちゃんは何処の言葉を話すのでしょうか。
ニホン人のお母さんはきれいな英語(english)を話すこというのは出来ませんし、お父さんはニホン語を話すことが出来ないでしょう。
そういった状況でも赤ちゃんはお父さんとお母さんと会話をすることが出来ます。
つまりは、自然と二つの言語を学んでいるのです。
この状況を意識的に創り出そうとかんがえているのが赤ちゃん向けの英語(english)教材です。
おススメはおなじみのキャラクターたちが英語(english)で歌い話しかけてくる教材でしょう。
当然、赤ちゃんにもお好みが有りますから、大お好みな物を見つけてやりましょう。
英語(english)のスタディーをするのではなく、単に英語(english)で話していればいいだけです。
それを聞いて、まねをすることがネイティブスピーカーに育って行きます。
ニホン語はお母さんがちゃんと教えればいいでしょう。
常々通りに話しかけてちょーだい。
国際結婚をしている夫婦のケース、お母さんというのはニホン語で話し、お父さんというのは英語(english)で話します。
それでは兄弟同士はどちらで話すのでしょうか。
その日のテンションで変わっていると言われています。
当然、ニホンに住んでいるならニホン語を使うことが多くなりますし、米国に住んでいるなら英語(english)を使うでしょう。
その場の状況に合わせて、自然と言葉が出てくるのでしょう。
大人になってから英語(english)をスタディーするケースというのは大きな相違です。
大人になってからのおススメの英語(english)教材では、ただきき流すだけで英語(english)が分かるようになると説明する品物も有ります。
ただ、英語(english)を聴くことと話すこというのは別です。
言葉を発する為には頭のなかで章句を組み立てなければなりません。
ニホン語であるのなら、ちびっこの時からの習慣ですので自然と出てくるでしょう。
だけど、大人になってから習った英語(english)では容易では有りません。
赤ちゃんの時から慣れ親しむことが大切なってす。
当然、英語(english)を話すことができたとしても、国際人として通用するかどうかは分かりません。
あまり多くを期待しないことです。
外資系の会社で働く為には、言葉は一つのハードルですが、それを越えるだけでお勤めが出来るはずはないでしょう。
まだ、赤ちゃんなのに将来のことを気にかけるのは親のエゴと言えるかも知れません。
ただ、英語(english)を学んでいて損をするこというのはないでしょう。

赤ちゃんと英語(english)の生活

赤ちゃんの時から英語(english)教育をしておけば、国際人として立派にやっていけるのではないかと期待する夫婦は少なく有りません。
ただ、具体的にどんな教材がおススメなのか分からないでしょう。
インターネットでおススメの英語(english)教材を見ても、DVDのセットになっているだけで、一定レベルの英会話教材と変わらない品物が少なくないのです。
赤ちゃんと大人が同じ英語(english)教材で学ぶこというのはゆえんがあるのでしょうか。
そのことをかんがえる前に、わたしたちがニホン語をどうやって学んだかをかんがえてみることが大切です。
ニホンに住んでいれば、国籍に関係なくニホン語を話すようになります。
それは近辺の人がみんなニホン語を話しているからです。
日々、同じ言葉を聞いていると、それを自然と把握出来るようなってしょう。
だけど、大人になってから英語(english)を勉学しようとしても、日常生活のなかで英語(english)を聴く機会は限定されています。
英語(english)教材として、英語(english)をただきき流すスタイルの教材が有ります。
赤ちゃん向けの英語(english)教材はこれでいいのです。
当然、DVDのムービーは赤ちゃんが楽しいとおもえるような内容です。
アニメのキャラクターが英語(english)で話していれば、それを把握出来るようになりますし、その発音を真似するようになるでしょう。
ここで心配になるのがニホン語の修得です。
ニホン語の発音がおかしなことなってはないかと心配する人は少なくないでしょう。
同じニホン人でもごファミリーや立地では方言を使い、学校で習うニホン語は標準語です。
それでも誰でも違和感を持ちません。
それが自然と修得された二つの言語ですのです。
英語(english)教材も同じことです。
二つの言語を日常の暮らしのなかで使い分けておけば、英語(english)とニホン語のどちらも話すことが出来るようになります。
ポイントは使い分けを明確にすることによってしょう。
つまりは、お父さんやお母さんと話す時にはニホン語で、英語(english)教材を見る時は英語(english)だけにしておくのです。
これを混同させてしまうと、赤ちゃんも混乱します。
近頃のDVDでは発音のトレーニングが出来る教材も有ります。
パーソナルコンピュータやスマホを使うのです。
スマホに英語(english)で話しかければ、英語(english)で応えてくれます。
英語(english)教材としては一番おススメです。
勘相違してはいけないのは、この手法は赤ちゃんには効力的ですが、大人のスタディーでは容易でないことです。

赤ちゃんの母国語を英語(english)にする

以来の若者は国際人として英語(english)を話せるようになるべきだとかんがえている夫婦は少なく有りません。
ただ、現実にはどうやって英語(english)を学ばせればいいのか分からないでしょう。
近頃は、赤ちゃんに英語(english)を覚えさせることが話題されています。
赤ちゃん向けの英語(english)教材がいっぱい市販されていますから、見たことがあるのではないでしょうか。
当然、ニホン語も同じように覚えなければなりませんから、英語(english)とニホン語のどちらも母国語にすることになります。
言葉が母国語と言えるグレードで話す為には、3,4歳までに覚えなければならないと言われています。
赤ちゃんの時はボキャブラリーが不足しているかも知れませんが、英語(english)の発音やきき分けが出来るようになれば十分です。
国際結婚をした夫婦のちびっこが二か国語を母国語して、流ちょうに話すことが出来る例はいっぱい有ります。
逆に外国籍でもニホンで育ったちびっこはきれいなニホン語を話すのです。
赤ちゃんの時に聞いていた言葉が自分の言葉になります。
そこで英語(english)教材を応用して、日々英語(english)を聴く環境条件を提供すればいいわけです。
ポイントは英語(english)を教えるのではなく、英語(english)を聴く環境条件を提供するだけです。
決して覚えさせようとしないことです。
赤ちゃんは耳で聞いて、画面を見て状況を把握します。
言葉を把握しているのではなくまねしているだけです。
上手にまねをすることが母国語を獲得することにつながっています。
英語(english)を話せないと国際人として通用しないかどうかは別として、赤ちゃんにとっては英語(english)をスタディーするこというのは難しく有りません。
ただ、ニホン語と英語(english)のどちらもスタディーするので、その環境条件を整とん整とん整頓するこというのは親の使命となってきます。
外国に住んでいるなら、日常生活の中は英語(english)ばっかりでしょう。
ニホンに住んでいるので、英語(english)を聴く機会がないのです。
おススメの英語(english)教材はディズニーなどのキャラクターでしょうか。
赤ちゃんが興味を持ってくれる教材がおススメです。
日々見せていれば、いつも英語(english)を聴く環境条件ができあがります。
当然、身内でいる時にはニホン語中心です。
無理に英語(english)で話しかける必要はないでしょう。
無理して、母国語を英語(english)にするのではなく、英語(english)とニホン語をうまく使い分けられるようになればいいのです。
あなたの赤ちゃんはいかがでしょうかですかか。