赤ちゃんとの会話

投稿者:

お母さんが赤ちゃんと会話している時、赤ちゃんはどんな反応をしているのでしょうか。
当然、顔を見ているかも知れませんが、それがお母さんであることを認識しているのでしょうか。
又、お母さんが話す言葉を何処まで把握しているのでしょうか。
赤ちゃんの英語(english)教育をかんがえる上で、この疑問は大きなポイントとなってきます。
お母さんは赤ちゃんと会話をしているつもりですが、赤ちゃんにはその意識がないかも知れません。
ただ、自分がハートよく慣れる状況を造る為には、すぐそこの人にどんな声を出せばいいかをかんがえているのです。
そして、それが次第に言葉となっていきます。
それまでには1年弱かかります。
赤ちゃんが初めてパパやママと言った時のことを記録しているお母さんは少なく有りません。
パパと呼ぶことがすぐそこの人にとって特になことなのだと把握しているのでしょう。
当然、その言葉を把握しているわけではなく耳で聞いた音をまねしているだけです。
赤ちゃんの為の英語(english)の教材も同じです。
教材からきこえてくる音を赤ちゃんがまねをします。
どんな時にその言葉を発すればいいかを把握していくのです。
それがいずれはネイティブスピーカーと呼ばれる状況を創り出します。
英語(english)とニホン語の両方で同じことが起こり、赤ちゃんは二つの言語を話すことが出来るようになります。
おススメの教材は教育的な観点から造られたものではなく、赤ちゃんを取り巻く日常を想像したものがいいでしょう。
おのおのの単語のゆえんを把握するのではなく、状況によってきこえてくる音を感覚ているだけです。
ユーモラスなキャラクターと会話する時には英語(english)を話すようになります。
それがそのキャラクターの言葉だとおもうからです。
これはたいへん感覚的な把握です。
英語(english)を言葉として把握しているのではなく、音として把握しているだけです。
ただ、きれいな英語(english)をきけば、それと同じ音を発することが出来るようになります。
きれいな英語(english)ときれいなニホン語を手に入れられるのです。
当然、きれいなニホン語というのはお母さんたちが話している言葉のことです。
方言丸出して話していれば、赤ちゃんも方言を覚えます。
それが自分にとってのおススメのニホン語だからです。

方言と英語(english)

わたしたちはニホン語を自然のように話していますが、身内間で話す言葉と学校で習う言葉には相違が有ります。
それは方言だからです。
鹿児島の方言を聞いても何を言っているのか分からない人は少なく有りません。
それだけ違うのに志向の疎通が出来るのはお互いに標準語を話せるからです。
つまりは、ニホン人でも二つの言語をうまく使い分けていることになります。
これをヒントとして、ニホン語と英語(english)をうまく使い分けられるのではないかとかんがえる人たちは、赤ちゃんの時から英語(english)教材を与えています。
つまりは、赤ちゃんにはニホン語と英語(english)を修得する技能があるのです。
おススメの教材としてアニメやキュートなぬいぐるみがしゃべる英語(english)のDVDやCDが有ります。
どの教材もネイティブスピーカーが話している英語(english)ですので、おススメと言えるでしょう。
途中でニホン人が新設するような現況は必要有りません。
英語(english)をきき流すだけで赤ちゃんは英語(english)を把握していくのです。
当然、お母さんと話す時にはニホン語です。
お母さんが無理に英語(english)で話すと、ネイティブスピーカーと違っているので逆効力になるでしょう。
お母さんの英語(english)スタディーと赤ちゃんの英語(english)スタディーはまったく違う次元なのだとかんがえなければなりません。
方言を話す人でも公式の場等では標準語を話します。
そのことに本人も近辺の人も違和感を持ちません。
不思議だとおもいませんか。
英語(english)だけが特にでは有りません。
教材の宣伝のなかには英語(english)の周波数が違うため、ニホン人は特にな手順で英語(english)をスタディーする必要があると書かれているケースも有ります。
確かに周波数は相違ますが、スタディー手順は同じです。
赤ちゃんにとっては英語(english)もニホン語も方言も同じことですのです。
耳で聞いた言葉をそのまままねしていきますが、それが次第に自分のかんがえを伝えるための道具として使えるようになります。
それが言葉をマスターしたケースではいうことでしょう。
具体的な教材を選択するのに迷ったならば、赤ちゃんの英語(english)教育のお目当てを明確にすることをおススメします。
英語(english)を話せるようになるだけで、英語(english)の成績が伸びて、将来はすごいお勤めが出来ると期待しているお母さんもいるかも知れません。
だけど、英語(english)を話せるだけで本人が成長出来るというのは限りません。
勘相違しないようにしましょう。