赤ちゃんへの教材

投稿者:

赤ちゃんがどんなふうにして、知識を得ているのでしょうか。
多様なものを見て、触って、聞いて情報を得ています。
そのなかで一番大切なのは耳から入って来る言葉です。
わたしたちニホン人はニホン語で話しますが、米国人は英語(english)で話します。
おのおのの環境条件のなかで赤ちゃんはニホン語や英語(english)を修得していくのです。
赤ちゃんの時に英語(english)を聴かせておくと、英語(english)をしゃべれるようになるとかんがえている人もいますが、逆にニホン語と英語(english)を教えると、混乱して変なニホン語になってしまうのではないかと心配する人もいます。
どちらがきちんとのでしょうか。
赤ちゃんが言葉を覚えるのは、視覚と聴覚を同じ時に働かせている時です。
つまりは、お母さんがニホン語で話しかければ、そのゆえんを把握してニホン語を覚えるようになります。
赤ちゃんの為の英語(english)教材は品物化されており、多様なおススメのスタイルが有りますが、赤ちゃん向けの英語(english)教材である必要は有りません。
ただ、おススメの教材は英語(english)のDVDでしょう。
当然、テレビ番組を録画したものでも立派な教材となってきます。
大切なこというのは赤ちゃんに英語(english)を教えるのではなく、単にきき流してもらうだけで十分です。
そして、お母さんと話す時にはニホン語だけを使いましょう。
お母さんが英語(english)で話そうとするこというのは、完全に逆効力となってきます。
赤ちゃんはお母さんと話す時に英語(english)とニホン語のどちらで話せばいいか混乱してしまうからです。
ネイティブスピーカーの英語(english)を聞いているだけで、英語(english)が分かるようになると評判の英語(english)教材が有ります。
ただ、大人になってからの英語(english)教育は容易では有りません。
決してネイティブスピーカーになるこというのはないからです。
人が母国語をマスターするのは3歳から4歳までと言われています。
それまでに聞いた言葉を自然と話せるようなってす。
ニホン語と英語(english)だけでなく、フランス語などの3か国語以上を話す人もいます。
これも赤ちゃんであるのなら可能となってきます。
親が意識的に赤ちゃんに英語(english)を覚えさせるのではなく、脳の拡大の過程で自然と修得するのです。
この事実をちゃんと把握しているお母さんであるのなら、どんな形で英語(english)教材を与えればいいか分かっているでしょう。
国際結婚をしている夫婦の生活を想像すればいいのです。

赤ちゃんのCD英語(english)教材

ちびっこの英語(english)教材としてディズニーの絵本やCDを応用しているお母さんは意外と沢山なやうですが、それでちびっこが英語(english)を話せるようなってしょうか。
絵本は言葉を見ているのではなく、イラストの部位を見ているでしょう。
そして、言葉はお母さんが話す英語(english)です。
余程お母さんが英語(english)に自信がないと、読み聴かせで英語(english)を話せるようになるというのはおもえません。
ここはCDに任せるべきでしょう。
絵本をめくりながら、CDの音声を親子で黙って聴くだけです。
お母さんは黙っていることが大切なポイントです。
赤ちゃんが英語(english)を覚えるのはCDから流れてくる音声をまねしているだけです。
お母さんのニホン式発音の英語(english)を聴かせてしまうと、赤ちゃんは混乱してしまいます。
どれを覚えればいいのかわからなくなるのでしょう。
おススメのCDだとしても、応用手順を間違えないようにしなければなりません。
お母さんは一般にニホン語で話しかけてちょーだい。
そして、英語(english)の絵本をCDに合わせてめくるだけです。
大人にもおススメの英語(english)教材としてきき流しが話題されています。
これは、言葉を頭ではなく耳で把握することによってす。
日々聞いていると、少しずつ言葉の相違がきこえてきます。
赤ちゃんの時から、教材を聴かせるゆえんはここに存在するのです。
本場の英語(english)を聞いていれば、音の相違を体が覚えてくれるのでしょう。
当然、言葉になった英語(english)はまったく別の教材でなければ分かりません。
言葉は喋れても、言葉を書く為には意識的なトレーニングが必要だからです。
ニホン人でも話すこというのはできても、言葉にすることが出来ないちびっこはいっぱいいます。
これによってに小学校でひらがなから学ぶのです。
赤ちゃんに対する英語(english)教育をかんがえているのであれば、小学校や中学校で学ぶ英語(english)を想像してはいけません。
CDはいっぱい市販されていますから、その中からおススメを選びましょう。
赤ちゃんが喜んでくれるお話がいい教材とかんがえてちょーだい。
お話の内容に特になゆえんを持たせるのではなく、喜んでくれることを大切にしてちょーだい。
内容と比べると英語(english)の発音が大切です。
少し大きくなると、ニホン語と英語(english)を上手に使い分けられるようになります。
自分が置かれた状況で度の言葉を話せばいいのかが分かって来るからです。