赤ちゃんの英語(english)教材の特徴

投稿者:

赤ちゃんの為の英語(english)教材は小学生や中学生の教材と違うのでしょうか。
その答えはイエスです。
それは赤ちゃんがどうやって言葉を修得しているかを把握すれば分かるでしょう。
わたしたちが中学校で学んでいる英語(english)は先生がニホン語で説明しています。
つまりは、耳からの英語(english)ではなく頭でかんがえている英語(english)です。
それでは、ニホン語はどうやって修得しているのでしょうか。
話題すべき点は字を書くことと話すこというのはまったく違うということです。
お母さんと会話することで、赤ちゃんはおのずと言葉を覚え操れるようになります。
生まれてからずっと誰ともしゃべらないのであれば、いつまでも経っても言葉を覚えることはないでしょう。
この過程は英語(english)もニホン語も同じです。
近辺にはいっぱいのニホン語があふれていますから、何もせずにニホン語をきけるようなってす。
そこでおススメの教材は英語(english)番組のDVDです。
何もせずにDVDを再生しておけばいいでしょう。
赤ちゃんに無理やり観させようとするんではなく、テレビの前で遊んでいる時にDVDを流します。
それを続けるうちに、赤ちゃんはおのずとテレビへ目線が向かい、そこで流れている言葉を耳にして把握するようになります。
私達がニホン語を修得するのと同じ状況です。
大切なことというのは、お母さんが途中で邪魔をしないことです。
当然、お母さんが声掛けをすることが悪いのではなく、ニホン語で一般に話してちょーだい。
テレビは英語(english)、お母さんはニホン語です。
これを区別しておくことで、赤ちゃんは二つの言語をきき分けられるようになります。
ニホン語の番組を見せてはいけないと勘相違しないでちょーだい。
特定のキャラクターが出てくる番組は英語(english)だけが流れるようにしておけばいいでしょう。
NHKのセサミストリートがおススメの教材と言えるでしょう。
わたしたちは学校で英語(english)を学びますが、大人になって全く役に立っていないと思っている人が大半ですが、それは英語(english)をきき分けることが出来ないからです。
だけど、英語(english)の章句なら書くことが出来ます。
赤ちゃんが英語(english)教材を応用して英語(english)を修得できたとしても、 書くこというのは出来ません。
英語(english)を書くことと話すこというのはまったく別のことです。
わたしたちもニホン語を書く為には学校で言葉を習う必要が有ります。
あなたの赤ちゃんにも英語(english)を学ばせてはいかがでしょうかですかか。

赤ちゃん用英語(english)教材の案内

赤ちゃんを対象とした英語(english)教材を案内しているサイトを検索してみてちょーだい。
多様なところからおススメの教材が市販されていることにちょっと驚くかも知れません。
ただ、赤ちゃんにどうやって英語(english)を教えるかの焦点がずれている教材が少なく有りませんので、忠告して選択することが大切となってきます。
赤ちゃんがどうやってニホン語を覚えて行くのかをかんがえてみてちょーだい。
あなたは自分のちびっこにニホン語を教えましたか。
答えはいいえでしょう。
日常生活のなかで、会話をすることがニホン語を覚えて行く基本だからです。
意識して教えるのは小学校に入ってからで十分です。
その理屈から言えば、英語(english)を教える必要は有りません。
赤ちゃんはきこえてくる言葉をまねしているだけだからです。
英語(english)のおススメ教材はCDではなくDVDでしょう。
その理由は明らかです。
音として聴くだけであるのなら、CDで十分ですが、その言葉を把握して、自分から話せるようになるのでにはムービーが不可欠だからです。
どんな状況でその単語が発せられるのか、それに対してどう答えればいいのかを把握する為には視覚で認識しなければなりません。
ちびっこの時には大人が歌っている演歌等をゆえんもわからずに覚えることが少なく有りません。
その状況はニホン語を覚えているのではなく、単に音をまねしているだけです。
言葉としての英語(english)やニホン語というのは別の次元とかんがえなければなりません。
又、親が英語(english)の教材をともに聞いている状況もおススメ出来ません。
お母さんから学ぶのはニホン語であって、英語(english)はDVDのキャラクターが教えてくれるからです。
身内で話すのは方言ですが、学校では標準語を話しているのと同じです。
状況に合わせて、ちびっこは言葉をチェンジさせています。
それを自然にやっているのです。
お父さんが英語(english)とニホン語をしゃべっていると、赤ちゃんはどの言葉を使えばいいのか判断出来ません。
これによってにニホン語と英語(english)が混じった言葉遣いになってしまうでしょう。
当然、お父さんの英語(english)はネイティブでは有りませんから、米国人が聞いたら変な英語(english)になってしまいます。
教材の説明書にこれらのことが書かれているのであれば、きっと良い教材と言えます。
ディズニーの英語(english)で遊ぼうなら、ニホン語の説明は一切有りません。