赤ちゃん英語(english)教育のおススメ

投稿者:

まだ言葉が話せない赤ちゃんの時から英語(english)を教えておくと、英語(english)を母国語としてマスターすることが出来るとかんがえられています。
当然、ニホン語も同じ時に覚えますから、二つの母国語を持つ人になれるのです。
赤ちゃんの為の英語(english)教材は多様な品物が市販されていますが、おススメの教材を探してみましょう。
教材を選択する時に大切なこというのは、どんな環境条件で英語(english)を学ばせるかということです。
わたしたちが学校で学ぶような手順で、赤ちゃんに教えるこというのは出来ません。
ヒントは国際結婚をしている人たちの赤ちゃんが自分の母国語をどうやって修得しているのかでしょう。
ニホン人のお母さんと米国人のお父さんの間に生まれた赤ちゃんはニホン語と英語(english)を話すことが出来るようになります。
実はわたしたちニホン人も二つの言語を知らないうちに修得しています。
それは方言です。
おのおのの立地で話す言葉が相違ます。
だけど、テレビで流れている標準語は誰でも把握出来るのです。
鹿児島の人が話す言葉は東北の人が聞いても分からないでしょう。
それと同じようにわたしたちは英語(english)を聞いても分からないのです。
方言をどうやって修得しているかと言えば、身内や学校、立地の人たちと話すからです。
近辺の人と同じ言葉を赤ちゃんの時から耳で聞いて修得しているのです。
そして、標準語はテレビやラジオ、インターネット、本等が教材となっています。
学校で国語の教科書をリーディング時には標準語ですが、それを説明する先生は方言を話します。
ちょっとかんがえるとたいへん特殊な環境条件におもえますが、ニホン中でそれは自然の環境条件ですのです。
赤ちゃんの時から英語(english)を修得させると、ニホン語がおかしくなるのではないかと思っている人が少なく有りませんが、それは大きな間違えであることを知らなければなりません。
こんな観点に立ち、英語(english)の教材としておススメなのはDVDやインターネットです。
教材で忠告すべきこというのは、英語(english)を聴く環境条件とニホン語を聴く環境条件を意識して区別することによってす。
お父さん、お母さんが英語(english)を教えるのでは有りません。
身内の間では一般にニホン語で話して、DVDを見る時は英語(english)を聴くのです。
この教材のみで、赤ちゃんは2つの言語を母国語として習得出来るのです。
方言をも含めるのであれば三つの言語とも言えます。

赤ちゃんから始める英語(english)教材

ニホン人の英語(english)教育は小学校から始まっていますが、それでは不十分だとかんがえる人たちがいます。
確かに、わたしたちは中学校で学んだ英語(english)が役に立ったこというのは殆んど有りませんし、外国人としゃべることが出来る人を見ると、すごいと思ってしまいます。
中学校で教わる英語(english)では決して話すこというのは出来ないでしょう。
人がネイティブスピーカーとして英語(english)を学ぶことが出来るのは3歳までと言われています。
これは絶対音感と同じです。
そこで大切なのは赤ちゃんが英語(english)を母国語としてマスターする為にはどんな教材がおススメなのかをかんがえることです。
英語(english)教室に通うこともいいですが、お父さんやお母さんが英語(english)を教えるこというのは避けなければなりません。
その理由をちゃんと把握しましょう。
お父さんやお母さんは英語(english)が下手だからではなく、お父さんやお母さんからはニホン語を学ばなければならないからです。
意識してニホン語を教えているのではなく、いつも話しかける時にニホン語を応用しているでしょう。
それが赤ちゃんにとっては教材ですのです。
おススメの教材はテレビの英語(english)教室でしょう。
NHK等で放送されています。
当然、録画したりDVDをオーダーしたりしてもかまいません。
大切なこというのはその教材を見る時には英語(english)だけが流れている環境条件を提供することによってす。
間違っても、お母さんが横に座って、ニホン語で説明してはいけません。
ポイントは英語(english)の番組を流すだけです。
英語(english)の教材できき流すだけで英語(english)が話せるようになると宣伝されている品物が有りますが、それで本当に英語(english)がしゃべれるようになるのか疑ってしまう人が少なくないでしょう。
だけど、現実にはニホン語をきき流すだけで話せるようになっています。
お母さんの言葉を自然と赤ちゃんは把握しているのです。
英語(english)教材も同じです。
おススメは英語(english)の歌やアニメでしょうか。
米国のコドモ番組がそのままニホンで市販されていますから、それを日々決まった時間に再生してやるだけです。
その番組で流れている言葉が英語(english)だと説明しなくても、赤ちゃんはちゃんときき分けています。
お母さんが話している言葉というのは違うことが把握出来るのです。
国際結婚をしている夫婦の赤ちゃんが同じ環境条件になります。
親がおススメの教材となるのです。